新着情報

◎2023/9/19

<情報を更新しました。

>赤外線ランプはセキュリティー対策にも使うことができます
>赤外線ランプは獣害対策にもぴったりなものです
>赤外線ランプとLEDの違いと利用方法について
>視認性を確認してから便利な赤外線ランプを購入
>赤外線ランプを利用した最新技術に注目が集まっている

◎2020/3/16

原理と特徴と応用例
の情報を更新しました。

◎2019/12/9

赤外線ランプの特徴と用途
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

温度を低く設計されている
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

赤外線ランプのワット数
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

赤外線ランプと紫外線ランプ
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「赤外線 違い」
に関連するツイート
Twitter

返信先:これは良し悪しとかではなく、対象を可視光で見てる人間と、X線や赤外線で見てる人の違いだとおもいます。わたしも「わかってしまった」口ですが、まだ上手く言語化はできませぬ

返信先:赤外線吸収フィルムやガラスは、今までにもあったと思うのですが、違いがあるのでしょうか? 車のガラスの内側に貼るフィルムはありました。

て、スクラッチくじって、赤外線とかなんか特殊な光とかそんな感じで見破ることできないのかね? 面積に対して何かしら違いがあると思うんですよ。そんなんできたら当たりまくりじゃん?🥳

返信先:当方車種違いで、アームロール、フックロール車ですが、おそらく赤外線センサーだと赤外線が反応しないと次の動作に移らないです!

返信先:けるさんはじめまして!いつもTLめちゃくちゃ楽しく拝見してます😊✨✨ サンバリアは傘も帽子もいくつか持ってるのですが、他のものとは影の濃さが断然違います。紫外線、赤外線、可視光線すべての光を100%カットしてくれるらしいです。ただ可愛くはないんですよね😇機能重視ならかなりオススメです!