新着情報

◎2023/9/19

<情報を更新しました。

>赤外線ランプはセキュリティー対策にも使うことができます
>赤外線ランプは獣害対策にもぴったりなものです
>赤外線ランプとLEDの違いと利用方法について
>視認性を確認してから便利な赤外線ランプを購入
>赤外線ランプを利用した最新技術に注目が集まっている

◎2020/3/16

原理と特徴と応用例
の情報を更新しました。

◎2019/12/9

赤外線ランプの特徴と用途
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

温度を低く設計されている
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

赤外線ランプのワット数
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

赤外線ランプと紫外線ランプ
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「赤外線 波長」
に関連するツイート
Twitter

二酸化炭素は大気の色なのです。 大気は可視光には透明ですが赤外線には色があるのです。その一つが二酸化炭素色です。 二酸化炭素色は特定の波長赤外線を吸収しますが、これ以上色が濃くなっても既に全部吸収しているので変わりません。

虹もこの現象で長波長から屈折率が小さいものから短波長の屈折率が大きい光へ順に並ぶなら、やっぱり並びは赤〜紫で一般的な順番が正しいってことなんだ〜 たまに紫が上にあったりする事あるけど赤とは必ず反対側なんだな 紫外線と赤外線の名前から考えても

んで、その電磁波のある波長域をもつ赤外線がどのように太陽から飛んできて物質に作用するのかと、物質で生まれた熱がどのように赤外線となって外(この場合は宇宙空間)に出て行くかというあたりにフォーカスして、行けば原理の話はなんとかなるかしらね。

X線もUVも可視光も赤外線もマイクロ波もラジオ波も波長が違うだけでみんなみんな同じ電磁波だということ。 波長が違うと持っている単位時間あたりのエネルギーが異なっていて作用を及ぼす対象が変わると言うこと。 この辺を知ると色々想像できるかもなあ。

返信先:色の波長的に黒含む暗色は 赤外線や紫外線のエネルギー貯めるので 効果薄くしてそうなんですよねぇ だから私は屋外作業する時は白ですよ